ラヂヲな屋根裏部屋~ラヂヲと無線と山と自転車と

アマチュア無線局:JN1NCB(山頂移動などHF~430MHzまで運用中) ライセンスフリー無線局:グンマMO919(デジ簡とデジコミ、特小のみです) BCL、ラジオ局、受信機関係のブログです。 ぜひご覧ください。 YouTube動画とは連動していません・・・。

アマチュア無線(JN1NCB)、BCL(短波放送などを聴く趣味)、 自作(電子工作、アンテナ工作)、山歩き、 フリーライセンス無線(グンマMO919)、自転車(ポタリング)、 などを楽しんでいるブログです。

移動運用(平地)

ということで、調整、同調確認したMP-1を持って、新たな移動ポイント「群馬の森:JP-1322」
に行ってきました。

土曜日の午前中に到着し、良い場所を探してあっちこっちをうろうろと・・・。
できるだけ公園で遊んだりゆっくりしている人たちの邪魔にならない場所を探すことは
なかなか難しいことで悩みましたが、公園の外れにある臨時駐車場の一角に車を停めて
その近くで練習することに決定!(それまでに30分以上うろうろしました~)

そこにあるさほど広くない緑地帯に陣取って、MP-1を立ててリグなどをセッティング。
準備はOKです。事前にいろいろと問題部分を修正しておいたのでスムーズでした。
IMG_5480
ではまず7メガからスタートです。小型パドルを使ってCWでCQ CQ CQ・・・。
スタンバイするもまったく応答なし。ま、まだ最初だから、、、と続けますが、まったく
応答なし。あれれ~?おかしいなぁと思いつつもCQを連続しますがさっぱりです。
仕方なく10メガ、14メガ、18メガ、、、とQSYしますが、全くダメ。
コンディションが悪いのかなぁ。確かに臨界周波数の様子は良くありません。

アンテナの調整やアナライザーの確認なども含めて2時間近くやりましたが交信できず。
仕方なく移動サービスしている局を呼んでピックアップしていただき、何とか交信成立。
相手局に届いている信号は特別カスカスではないみたいですが、よく飛んでいるという
感じではないみたい・・・。

ここで、どうもこのMP-1から出ている電波がおかしい→効率が悪い、電離層(電離圏)まで
飛んでいない、輻射角がおかしい・・・のかもしれない??という疑念がふつふつと
湧いてきました。
確かにMP-1はHFの波長に対して短縮されたホイップアンテナなので、よく飛んでくれる
アンテナではないでしょうが、その辺のモービルホイップよりは充分に長いエレメントを
持っているので、ここまでひどいはずはありません。

さっぱり理由が分からずに時間が来たので撤収となりました。寂し過ぎます・・・。
な~んだか、電波が真横とか真上とかに飛んでいるような、アンテナから出て行っていない
ような、とても不思議な感じです。
この原因を探るべく、さらに検討しよう~!と思いつつ帰途に就きました。

この原因がまさかカウンターポイズ(CP)の張り方にあるなんて思ってもいませんでした。
SWRは完璧に下がっていたんですから・・・。
IMG_5479
  ↑ CPはアンテナ直下に輪っか状にして丸めて置いてあります。
   これでSWRはばっちりなんです。
ということで次のブログへと続きます・・・。

前の投稿の続きです。
ということで、「観音山ファミリーパーク」での移動練習とログ/アンテナ確認、運用です。

アンテナ:MP-1(改造版)を立てて、リグ:IC-703をセッティング。
IMG_5470
IMG_5472
電源は、大昔に使っていたGS(現 GS YUASA)のポータブル電源 PC6000の制御部のみ取り出して
活用し、バッテリーとしてLiFePo 8Ah、13.2V を内蔵させたものです。(自作)
IMG_5473

まずはこれを使用し、次回からはCQオームさんから購入したLi-IONを使うことにします。

MP-1の改造に関しては次のブログに書きますが、このアンテナを久しぶりに使うので、この公園
での調整がカギになります。とは言え、きちんと確認していなかったので適当に調整します。
簡易的なアナライザーでSWRのボトムを探って調整しましたが、いまいち下がり切りません。
仕方ないので、持ってきていたQRPアンテナカップラーを使用しましたがいまいちな感じ。

あ、そうだ、IC-703は内蔵のATUを持っているのでこれでチューニングすればいいじゃん!
ということで、SWR=2付近の状態で1.5以下まで下げました。(IC-703は便利~!)

7メガのCWからスタートしましたがあまり呼ばれず、10メガにスイッチ。
するとコンスタントに呼ばれ続けて結構嬉しい限り。

その後は、あちこちのバンドにQSYしながらMP-1の調整をしたり、CQを出したり・・・。
でもあまり呼ばれずに、最後は7メガでCQ CQ・・・。
ちょこっと呼ばれて楽しんだ後、QRTとしました。

今回の移動で課題として感じたことは以下。
(1) バッテリーの容量(持ち)は余裕だが、次は小型のリチウムイオン電池を使って軽量化する
(2) CWで使った移動用パドル(GHD製、中華製)はキーイングがダメで、再調整が必要!!
(3) MP-1改は、ラジアルの展開方法も含め、アンテナ単体でSWR=1.5以下 にできるように
  準備し直す必要がある
(4) 暑熱対策は必須で、真夏には移動しないでしょうが、日差しを防いだり、熱中症にならない
  対策は必要
(5) グッズの軽量化(リグはIC-703のみとし、アナライザーも一つ、不要なものは持って行かない
  などを精査する)

以上となりましたが、POTAの移動デビューはまずまずの結果となり、23局とQSOできました。
お呼びいただいた局には感謝申し上げます。(キーイングがひどかったですが)
翌日にPOTAサイトでActivationログのアップロードもでき、1UPとなりました。
hQSLも発行済で、紙カードはのんびりと出す予定。

次はMP-1改の再調整、再確認をした後で、別の公園(群馬の森:JP-1322 )に行こうかな~。

体を悪くしたため入院と手術をして、退院以降は自宅内での活動がメインとなっていましたが、
春になって花粉症の季節も終わり、そろそろお外での活動もしていかないとね~!ということ
ながらも、まだSOTAのための山頂移動はできそうにないので「POTA」の移動運用を始めて
ました。でも山にも行きたいぞ~~!(独り言・・・)

とは言え、どういうふうにやるか、どんな装備で、どのくらいの間隔で、どのくらいの時間で、
というのを・・・探り、探り・・・進めています。
実際には4月くらいからあれこれと検討をしていて、大体のやり方は決まっていました。
使う装備は、、、
*リグ:主にHFでの運用を考えていて、
     ICOM「IC-703」 か Yaesu「FT-817ND」
*アンテナ:HFなので、
     SuperAntenna製「MP-1」 か 自作「VCHアンテナ」 か Radix製「RDE-40」
    (VUHFの場合は、山頂移動用の Skydoor、第一電波の RH-770、自作のプリンテナ)
*電源:CQオームのリチウムイオン か 8AhのLiFePo か 10Ah鉛蓄電池+13.8V コンバータ
*パドル:移動用小型パドル GHD製 か 中華製
*移動方法:基本的に自動車で近くまで行って、残りは徒歩移動(車の運用はできるだけしない)
      可能ならば現地まで自転車で行ってしまう~!

ということで、少し前の日曜日に、まずは一発目の練習移動として高崎市内にある
「観音山ファミリーパーク:JP-1324」
まで行ってきました。
(実はそれ以前に下見として自宅から徒歩で行ってきたのでした。
 歩いた時間は往復で3時間くらいかなぁ。余計なルートを歩いたり、良い運用場所を探したり、
 念のためうろうろと散策したり、撮影したりと多めに歩きました。これもリハビリの一環。)
IMG_0119
自動車で公園内の駐車場まで行き、そこから園内をトコトコ歩きました。
公園の奥のほうが運用しやすいので歩け歩けです・・・。
IMG_0121
ここが公園内の一番奥。広場の一角で運用しました。

移動グッズは上記の装備のうち必要なものをほぼフル装備で、これらを背負い子に載せて
担ぎました。後で測定したらほぼ12㎏以上ありました・・・。
IMG_5476
「この人どこに、何しに行くの?」という目で見られたことは言うまでもありません。

現地に到着し、運用場所を決めてお店を広げます。公園内の一番奥に陣取りました。
さてどんな風に運用したかは、次のブログへと続きます。

【お詫び】
文字色がおかしくなっていて、ブログの内容が非常に読みにくい状態だったようです。
(ご指摘をいただき、感謝いたします。)
書式をクリア(リセット)して元に戻しました。ホッ・・・。
ご迷惑をおかけいたしました。

ーーーー
日曜日に、JARLの職域クラブ一斉移動にちょこっとだけ参加してきました。

少々遠い場所だったので、車で2時間掛かって行きました。(見晴らしの良い場所でした。)

諸先輩方の設備(主にアンテナ類)の凄さに驚きつつ、たくさんのお話をしてきました。

私は、アイボールQSOが目的でしたのでほぼ交信なしで遊んでいました・・・!
(おい!QSOしなさい!)
自分の移動用グッズをいくつか披露したりして説明などさせていただきましたが、
結構驚かれたりして新鮮な感じでした~。
  ↓ ちょっとだけ写真をパチリ・・・

 IMG_2691
 

この場を借りて(?)試したいことがあったので、シャックの片隅に保管してあった
50メガの4エレHB9CVを持って行って、20年ぶりくらいに上げて(立てて)みました。

50メガの車を使った移動運用をバリバリやっていたころは常に移動のお供でしたが、山頂などでの
自力移動をするようになってからは、全く使うことがなくなりました。(でっかいですからね~!)
で、今回久しぶりに動作確認しましたが全く当時と変わらずに動作は良好でした。
また使ってあげたいけど…。 あ、写真を撮り忘れました・・・。

今回のイベントでいろいろな方とお話しができて大変良い刺激になりましたよ~!

移動運用やちょっとしたポタリングの際に、重たい荷物(無線機などを積むと10kg近くになる)
を背中のザックに積んで自転車を漕ぐ(走る)と結構首や肩が痛くなります。
*背中の重量が肩や首を後ろに引っ張り、
*自転車を漕ぐ腕や背中(上半身)は前傾し、
*首は前方を見るため、やや顎を出して上げる、
ために首や肩が凝るわけです。(帰宅すると肩・首がガチガチになる。)
(分かる人には分かると思いますが、そんなことはないよ!という方もいるでしょうね。)

ですから、自転車を漕ぐ際には(移動時には)、背中にはなるべく重いものを背負わずに
自転車のバッグに詰めて運んでもらうことがいいわけです。

ということで、欲しかったリアサイドバッグを購入し、取り付けてみました。
  ↓ サイドバッグとその上に乗せるトップバッグ。これで一式です。
   お安い商品ですので、劣化が早いと思われます・・・。
 IMG_2655

  ↓ トップバッグを外すとこんな感じ。このほうがいいかも。
 IMG_2654

  ↓ トップバッグを今まで使っていたTOPEAKのリアバッグに替えて
    無理やり固定してみると、・・・
 IMG_2656
 このほうがいいかも・・・!

 ということで、この状態で少しだけ近場の温泉を目指してポタリングしてみました。
 ゆっくりと温泉に入って、往復で2時間ほど走ってきました。
 ま、悪くはないな、というところです。物理的にどこかに接触したり、邪魔したりは
 しないようです。
  ↓ 木陰で写真をパチリ。いい感じです。
 IMG_2658

 体調がよくて体力があれば、テントなんかを積んでツーリングしたいけど、
寄る年波には勝てません。
 無線の移動のためにいろいろ積んで少し走るだけで充分かな・・・。

 ついでですが、通勤時に今まで使っていた古い(上に貼り付けた写真のTOPEAKの
トップバッグ)ものよりもう一回り大きなタイプを購入したので、載せておきます。
 IMG_2652


GWももう少しで終わり。とは言っても、私は仕事も入っているので飛び飛びのお休みです…。

せっかくの休みになかなか無線の運用ができず、良いタイミングでの運用を考えていましたが、
親せき宅に寄った際に時間ができたので、短時間だけデジ簡のプチ移動運用をしました。

デジ簡無線機は最近手に入れた(ブログでも書いた)「DJ-DPS70」です。やっとデビュー!
というところです。

本日の運用場所は、標高(海抜)は100m以上ある場所ですが、民家に囲まれた地上高は低い場所から
の運用です。
でも土曜日でもあって、短時間運用ながらも県内局数局と交信できました。

イメージ 1
 ↑ DPS70のデビューです。
   Sメータ表示があるので、レポートも送りやすいし、信号が強いポイントも探しやすい!

やはり5W出力だとよく飛びますね。IC-DPR3/1Wの場合より、スムーズなQSOができた感じがします。
平地の場合は5W、山頂ならば1W、という使い方がいいかも。


また今回の運用では、サブchに移ってからのQSOで初めて「秘話」を使ってみました。
秘話コードは、フリーライセンス無線で暗黙の了解(?)になりつつある「27144」です。

呼び出しchで、「秘話でやります」というアナウンスを行ってからサブchに移って、再度呼び出す
ようにしました。
それでも問題なく呼んでいただけたので問題はないのかな・・・?と感じました。

秘話を使った交信はまだ賛否があるようですが、業務局の混信がない状態では、必ずしも秘話で
行わなくてはならない、という強制力はないように思います。
(いや、そんなことはない。遊びの無線の場合は秘話は必須である、という考えもあるようです。)

しかし、人口密度が高い都市部や、山頂移動のような広範囲なサービスエリアでの運用の場合は
秘話が必要だと感じています。

そういう意味で、無線機の設定の容易さにもよりますが、
*秘話コードを事前に設定しておくこと、
*秘話のON/OFFの操作方法をしっかり覚えておくこと、
が大事だと思います。

DJ-DPS70の場合は、27144の設定が簡単かつ予めできて、それが簡単に初期化されないため便利
ですし、秘話のON/OFFも簡単です。

秘話を臨機応変に使うことで業務局との無用なトラブルを防ぎたいですね。


それから余談ながら、ログを書きながら運用する際に、ボールペンの調子が悪い、というのは
結構つらくてイライラしますね。かなり重要なファクターだな、と感じました。
今回、ボールペンがかすれてかすれて、運用に支障が出ましたから…。
それから、ログ(メモ帳)と無線機、ハンドマイクをどうやって手に持ちながらスムーズな運用を
行うか、という基本的なノウハウも身につけねばいかんな、と感じた次第です。(今更・・・)


本日のログ--------- グンマMO919/1 高崎市(旧榛名町)移動
                DJ-DPS70/5W SRH350DH

グンマTR374/モービル 53/55  DCR-19ch 秘話あり
グンマAR125/モービル 55/M5  DCR-19ch 秘話あり
グンマHK509      57/M5  DCR-19ch 秘話あり
グンマ1328      58/56  DCR-22ch 秘話無し

昨日の日曜日は、先日製作した「FT-817用Li-IONバッテリー:FLB-86」のテストのために
ちょっとだけ移動運用してきました。

移動場所:安中市西毛運動公園(JCC1611、PK42)

夜勤明けだったのでちょっと辛かったのですが、しばらくテストする機会がないようなので、
少々無理して行ってきました。

14時前には到着してすぐに設営し、運用開始しました。
運用は、いつもの7MHzのCWです。出力は5Wです。(FT-817のフルパワーです。)
イメージ 1
 ↑ FT-817NDを車内に置いて内蔵Li-IONのみで運用。CQ連発になるのでメモリーキーヤーを使用。

しかし、いつものようにHFのコンディションが良くないようで、さっぱり呼ばれず、
CQ連発(1分おきくらいにCQ送信)したことでバッテリーには厳しいテストになったかもしれません。

1時間半の運用で、4局のみと交信できました。寂しいですねぇ~。
やはり悪コンディションでのQRPは辛いようです。
イメージ 2
 ↑ アンテナは、3mHのV-DPです。強風のため振られて怖かったです。


さて、Li-IONバッテリーの性能ですが、充電は満タン充電という感じではなく、私見ですが
80~90%程度だったかな?という感じ。

14時の運用開始時の電圧は、
受信時:12.0~11.9V
送信時:11.1V
この時点では、送信/受信時に出力アイコンは表示されず(点滅もなし)。
(出力アイコンとは、ディスプレイ下段の真ん中あたりに表示される、出力設定を表すものです。)

14:30ころの電圧
受信時:11.7~11.6V
送信時:11.0~10.9V
この時点では、送信時/受信時に出力アイコンは表示されず(点滅もなしだったと思う・・・)。

15:00ころの電圧
受信時:11.4~11.3V
送信時:10.8~10.7V
この時点では、送信時に出力アイコンが2.5W設定表示で点滅開始。受信時は表示されず。

15:30ころの電圧
受信時:11.1V
送信時:10.5V~以下
この時点では、送信時/受信時に出力アイコンが2.5W設定表示で点滅。

総論としては、FT-817の5W設定にて、1時間半ほどのCWによる連続的な送信で、
5W設定の維持が辛くなってきたかなぁ、という感じ。
でも出力は5W近くをキープできていた感じです。(パワー計をつないでいないので、実質的な出力が
何Wだったかがわかりませんが。FT-817のPWR計表示では、フルスケールでLCDが振っていましたが。)
2時間くらいまでなら運用できた感じがします。

50MHzのSSB運用だったら、フルパワーの5Wで充分に2時間以上は楽しめそうな手ごたえを感じました。
山頂移動でも、軽量で手軽に担ぎ上げできますね。重量だけでなく、かさばりもないし。

このLi-IONを使用して5Wハイパワーでそこそこの時間運用したいのか、
2.5Wで長時間運用したいのか、を判断していろいろ楽しめそうです。
(eneloopを使用しても基本的に2.5W運用になってしまいますしね。2時間くらいが限界でしょうか。)

このLi-IONのネックは、お値段でしょうね。
(1) eneloopを8本では、市場価格で、約¥2k です。
(2) YAESU純正の FNB-85は、市場価格で 約¥6.5k~7.5k です。
(3) バイク用のLiFePo(4Ah)バッテリーが ¥10k~14kくらいかな?(私は特別価格で7k弱で買えましたが)

今回使用した FLB-86のキットならば ¥7k程度なので高い買い物ではないかもしれませんね。
移動運用時の電源については悩みが尽きませんね・・・。

昨日は比較的暖かな日曜日でした。でも寒かったかな・・・。
午後になって時間ができたので車で移動運用しました。
いつものスタイルで公園移動です。

移動場所は、「群馬県藤岡市藤岡総合運動公園(JCC:1609、PK:40)」の駐車場です。
運用はいつもの7MHz、CWモード。

14時過ぎには現地に到着しましたが、あちこち周りを歩いて、「迷惑をかけないかな?」、とか
「他に良い駐車場はないかな?」とか、見て回ったので運用開始が遅くなりました。
利用した駐車場は、陸上競技場のそばのメインの駐車場でしたが、市民球場(野球場)の脇にも
駐車場がありました。こちらは野球の試合があると一杯になりそうな狭さなので、利用しにくいかもしれません。

アンテナ(V-DP)を上げてリグ(IC-703)をセッティングして、14時半を過ぎてやっとこさ運用開始です。
空き周波数を見つけてCQ CQ・・・。

イメージ 1
 ↑ いつものスタイルです。写真撮影用にアンテナの高さを下げています。

今回は珍しくコンディションが良かったらしく、良いリズムで呼ばれ続けて、1時間で19局ログイン
できました。
7エリア(東北エリア)から結構呼ばれました。呼んでくださった各局、ありがとうございました!
私は相変わらずミスキーイングが多かったので、情けないことです…。


今回は車の外に座って運用するには辛そうだったので、車の中での運用でした。

イメージ 2
 ↑ 車内の後部座席にリグなどを置いて、あぐらをかいてのんびりと無線ができました。
   結構ラクチンですね~!

それなりに楽しめました。ありがたいことです。

3月になると移動できないので、2月中にもう一度くらい出かけたいなぁ~、と思っています。

昨日、毎年恒例の多々良沼ミーティングという名称で(?!)行われている
群馬県の無線仲間による新年アイボール会が行われました。

な~んて固いものではなく、多々良沼公園の駐車場に何となく集まっておしゃべりをして、
お昼ご飯を適当~に食べて、おしゃべりをして、何となく解散する、といったゆる~い集まりです。

各メンバーが思い思いのこだわり品などを持ってきて見せ合ったりします。

私は、移動運用時に使っている7メガのV-DPを上げて無線運用ができるように準備して
展示(?)などをしました。

その他に、ライセンスフリー無線のデジ簡や特小での運用の話をしたリ、
最近使い始めているColibriNANOのSDRExpertSDR2の受信用ソフトウェアのデモなど
行いました。
このSDRには、皆さん興味津々だったようです。

メインミーティングが終了してから、恒例の浮島弁天様にお詣りしました。
イメージ 1

その後、多々良沼一周ウォーキングに参加して1時間ちょっと歩きました。
最近の運動不足のせいか、たったこれだけのウォーキングで、足の裏に豆ができてしまいました。
情けない~・・・。

全員解散してから、私はちょっとだけ7メガの移動運用をば。
いつものスタイルでPKサービスです。
イメージ 2
 ↑ 北方向には栃木方面のきれいな山並みが見えます。日光男体山もキレイでした。
   邑楽郡邑楽町:JCG16003B、多々良沼公園:PK18のサービスでした。

今年も参加できてうれしかったですよ~。
来年も参加できますように・・・。

いろいろ家庭の都合でバタバタしている中、ちょこっと時間が空いたので比較的近場の公園まで
アマチュア無線のHF移動運用をしてきました。 久しぶりだなぁ~。

移動先は、富岡市(JCC1610)の富岡北運動公園(通称:もみじ平総合公園):PK41 です。
自宅から車で30分ほどで到着です。近いような近くないような・・・。

公園の真ん中あたりにある駐車場は満車でしたので、一番北にあるガラガラの駐車場に停めました。

訪問客で満車、かつ人の出入りが多い駐車場ではアンテナ設営や運用はしづらいので、
外れにある静かな駐車場がベストポジションですねぇ~。
若干、標高が下がってしまうのですが、HFではあまり影響がないので問題なしです。

到着してすぐにいつもの7MHz用 V-DPを上げて、無線機(IC-703)をセッティング。運用開始です。
イメージ 1
 ↑ 大体3.5mHくらいにV-DPを上げています。
   いつもの5W QRPです。

1時間ほど運用しましたが、相変わらずコンディションが悪いようで、飛んでいきません。
結局、3局(3エリア 2局、7エリア 1局)で終わりでした。
またリベンジしたいですね。

暇になったので、ついでに持って行った、少し前に中古で購入した 10mの移動用グラスポール 
を立ててみました。
イメージ 2
 ↑ こんな長さなのか~、という感じでした。

いずれ10m程度のロングワイヤーを巻き付けて、電圧給電のツェップライクアンテナにして
移動運用してみたいです。

釣り竿ではなく、アマチュア用のポールですね。
DXerが販売しているようです。
イメージ 3
 ↑ こんなやつ。
   根元が太すぎて、足場パイプにも刺さらない・・・。
   どうやって根元を固定するか、、、これが問題なんです。

バタバタして落ち着かない日々ですが、ブログのネタは仕込んでいるので、落ち着いたら
ジワジワと書いていきますね。いろいろと書けそうですなんですが・・・。

↑このページのトップヘ