ラヂヲな屋根裏部屋~ラヂヲと無線と山と自転車と

アマチュア無線局:JN1NCB(山頂移動などHF~430MHzまで運用中) ライセンスフリー無線局:グンマMO919(デジ簡と特小のみです) のブログです。 BCL関係、ラジオ局の記事もたくさん書いています。 ぜひご覧ください。

カテゴリ: 自作(電子工作)

以前より動作が気になっている「JRC NRD-515」に関して、まずはもっとも動作が良くない「2.4kHz メカニカルフィルター(以下、メカフィル)」と少し調子の悪い「600Hzメカフィル」の2つをを修理することにしました。まず最初は、600Hzメカフィルです。(これを選んだ理由は、 ...

前回ブログに投稿したINRADの「RX7300」をIC-7300に内蔵してみました。ちなみに、RX7300はこんなものです。(いずれ自作してみよっと!)これをIC-7300の上蓋を開けて搭載する(インストールする)んですが、意外な落とし穴がありました~。RX7300のアッセンブリーにある黒い同 ...

大進無線のキット「DS-2」という受信用アンテナ分配器を自作してみました。 ↓ これです。 ¥2730です。  一応、BCL用として製作しました。送信したら萌えます、いや、燃えますよ! フェライトビーズを2個1組にしたコイルを3つ作りますが、なにせ私、コイルを巻くこと ...

INRAD(米国)が商品化している「RX7300」というものを手に入れました。 ↓ これです。さて、これは何でしょう・・・? 構造は極めて簡単。自作もできそう。でも微妙~なオンボードコネクタを探さないとね。加工も面倒くさいかもしれません・・・。 これをアマチュア無線で ...

BCLなどの受信用に使う「ガルバニックアイソレーター」というもの。アンテナと受信機の間に入れるトランスであり、この間を分離するものです。分離することでノイズを減少させ、受信信号を浮かび上がらせるものです。ノーマルモードフィルターでもなく、コモンモードフィルタ ...

少し前に投稿した ”円筒型のLi-ion電池「18650」というタイプを充電して電圧を測定したところ16.5V程度あって、とてもそのままでは無線機につなげない”、という内容の続きですが、仕方がないので手持ちの抵抗を使って、疑似負荷にして一定レベルまで容量を消費させました。 ...

移動運用などの際に問題となる、重要なポイントとして「電源」がありますが、運用されるスタイル、考え方により、その電源の確保には様々な形がありますね。私のような山頂移動(…すいません、最近山、登ってません、、、。涙)をする無線家は、バッテリーを使います。バッテ ...

(以下の記事も少し前に遊んだ内容です。)TRIOのJR-60という真空管受信機をBCL用に使っていることは以前のブログにも何度か書きましたが、当然通信機型受信機のためにスピーカーは内蔵されておらず、外付けスピーカーが必要です。使っているスピーカーは、Model SP-5 という ...

(最近、このlivedoorブログに連続で投稿している記事の内容は、Yahoo!ブログから 引っ越してくる前に書かずに温めておいた活動です。)無線機のスプリアス特性などをスペアナなどで測定するには、送信機の出力をスペアナに直接入力してあげる必要があります。(JARDが規定 ...

その1からの続きです。選ぶスピーカーユニットは、オリジナルで使っていたユニットと同等の特性にしたいので、あちこち探してみました。ネジ座はスピーカーユニット側にないため、スピーカーボックス側に固定用金具で取り付けてありました。インピーダンスは8Ω、口径は10c ...

↑このページのトップヘ