ここまで、パソコン(PC)の再立ち上げと、新しい無線機のことを書きましたが、
従来の状態である、IC-7100MでFT8やRTTYなどを楽しむためにPCと無線機の
インターフェースを取っていましたが、どうも変です。

WSJT-Xが反応したりしなかったり、COMポートが見えたり見えなくなったり、
動作が不安定。

IC-7300Mは(受信だけですが)、安定してつながっている感じ。
なんでIC-7100Mだけが???
悩みました。

何度もUSBケーブルを抜いたり挿したり、PCの再起動をやったり、
IC-7100Mを何度もOFF/ONしたり、ドライバーを削除して入れ直したり…。

ダメです、おかしい。USBハブを介しているからかも!
それも抜き挿し。ハブも交換。違うみたい。一瞬つながってすぐ切れる。
え~!初めての体験。

そこでふと、気づきました。「そうだ、I/FのUSBケーブルが届かなかくなった
から、適当なやつを持ってきてつないだっけ・・・!?」

そこで別の引き出しをゴソゴソ。シールドの良い太いケーブルを探し出して、
IC-7100MとPCを接続!

すんなりとOK!そっか、以前のケーブルはややお高いいいやつを使っていま
したが、今回はその辺に落ちていた(?笑)やつです。
  ↓ 下の黒いのが怪しいやつ、上のシールド品がいい子(と同等品のもの)。
IMG_2792
ケーブルの品質って、大事なのね・・・。
今後もちゃんとしなくちゃね。反省反省。。。

ということでWSJT-Xも安定している感じなので、様子を見ます。

それにしても、WSJT-Xへのマイクとスピーカーのドライバーが
いろいろと変化してしまって使いにくいあなぁ。
なぜだろう、少し追求しないと・・・。