今年の春あたりからオーディオ好きの虫が騒いで・・・、という記事を投稿しましたが、
学生の頃に秋葉原の「石丸(Ishimaru)レコード」(懐かしい名前!)でたくさん買った
LPレコードを聴きたいなぁ、その音をデジタル化(CD化)したいなぁ、
ということで「レコードプレーヤーが欲しいなぁ」なんて思うことが多くなっていました。

学生当時使っていたプレーヤーは「SONY PS-X6」というミドルレンジくらいのプレーヤー
でした。本体は壊れたため処分しましたが取説だけが残っていたので、のんびりと読んで
しまいました。結構高性能でした…。修理できたかもしれないなぁ・・・。

ちなみに当時使っていたオーディオセットは、SONY CFS-686xyz(ステレオジーゼット)
というラジカセで、この高級ラジカセにプレーヤーと外部スピーカーをつないで遊んでいました。
(今でもラジオやオーディオはSONY信者ですが、もうそんな時代ではなくなりましたね。)

ということで少し前に、ちょっと安めのレコードプレーヤーをポチっとしてしまいました。
(高音質のプレーヤー/CD/ラジオ一体型のコンポを買う余裕がなかった・・・。)

DENON(今は デノン、昔はデンオン)のDP-29-F、という商品を買値で11k程度で購入。
phonoアンプ内蔵なので外付けのphonoアンプ不要でコンポなどに直結で音が出せますね。

最初につなごうとした我が家の安いシステムコンポには、RCA端子(もう死語に近い?)が無く、
「あれ!?RCAがないんだっけ?」ということで無理やりワニ口ケーブルを使って接続
しましたが、すぐに以下のようなものを購入してラジカセにつないで楽しみ始めました。
  ↓ RCAのメスーメスコネクタ(映像用の黄色ピンもついている)
 IMG_2618

 ま、これだとケーブルが長くなってしまうので、別で購入した中継ケーブル
(RCAメスーステレオミニプラグ)を使って短めにラジカセにつないでいます。
(これらは自作すればよいのですが、面倒くさかったので・・・。)

 ということで、LPレコードを順番に楽しんでいこうかと思っています。
  ↓ シャックの脇の棚にひとまず置いてみて・・・
 IMG_2648
 LPレコードはホコリがついているとノイズが増えますし、レコードにも良くないので、
懐かしい「NAGAOKAのレコードスプレー」と「レコードソフトブラシ」をタワレコで
購入して、きれいにしてから聴いていますよ~。

 次は、これをPCに録音して、CDに焼いてしまおうと思います。
またその内容は別途投稿したいと思います。