アマチュア無線などに使う電源として、「シールドバッテリー(鉛蓄電池)」がありますが、
今まで使ってきたバッテリーがかなりヘタってきたようなので買い換えることにしました。

比較的安価に買える「LONG(台湾製)」のバッテリーを選びました。(秋月電子通商で買いました。)
本当ならば「GSユアサ」の日本メーカーのものを選びたかったんですが、値段が高いことと、
結局、台湾製なのかな?ということで、こちらを選びました。
(古いバッテリーは、700~1000円くらいでリサイクルしてくれる業者があります。ネットで
 検索すると送り状を送ってくれて、佐川急便さんに渡してOK、というプログラムがあります。)

一つは、7.2Ahの普通のタイプ。
もう一つは、20Ahのディープサイクルタイプです。

7.2Ahのものは、「WP7.2-12」で、昔から使っていた「Meltec(大自工業)製:SG-1000」の
中身だけを交換するために買いました。
オリジナルは、8Ahのバッテリーが入っていたと思いますが、それがダメになってからは7.2Ahのもの
を入れ替えています。
全く同じ大きさで 9Ah のもの(WP-1236W)が出ていますが、端子の幅が違うので敢えてやめました。
同じ大きさに無理やり(?)容量を大きくしている感じなので、敬遠しました。
イメージ 1
 ↑ バッテリーの外観

イメージ 2
 ↑ SG-1000の中に入れたところ

イメージ 3
 ↑ SG-1000の外観(載せるまでもないでしょうが…)

一方、20Ahのものは、「WP20-12IE」で、今回初めて買いましたが、LONG製のシールドバッテリー
の中で、「E」が付くものは、いわゆる「ディープサイクルバッテリー」に属するらしく、
充放電が深い使い方をしても耐久性が高くなっています。
無線機などの使用には適しているので、これを選びました。
イメージ 4
もっと容量が欲しい方は、「U1-36NE」や「WP50-12NE」を選ぶとよいかと思います。

このバッテリーに、12V→13.8Vコンバーターをつないで、FT-817やIC-703を運用しようと思います。
13.8Vを供給すれば、フルパワー出せますしね。

当然、山頂などにこれらの重たいシールドバッテリーを担いでいくことはないのですが・・・。
車などの移動で使いたいと思います。

さて、以前のブログにも書いたような記憶がありますが、鉛蓄電池を使う際に、「xxAh」という
容量で選びますが、この数値をうのみにしてしまうと、思いのほか消耗が早いと感じることが
あると思います。(例:5Ahだから、2.5Aを流したら、2時間運用できるな…、という考え方。)

一般的に鉛蓄電池の「xxAh」は20時間率というもので、20時間かけて終止電圧になるまで、
一定の(少ない)電流を流して試験をした場合の容量なので、高負荷な使い方ではない場合が
ほとんどです。

簡単に言えば、5時間率あたりを参考にし、大きめの電流を流した場合の数値を見たほうが
良いと思います。(容量が下がります。)

また、バッテリーの「xx時間率」は、終止電圧になるまでの試験結果であり、終止電圧まで
バッテリーを使ってしまうとバッテリーはお釈迦になるので、その十分手前でやめておかないと
アウトです。(一般的に終止電圧は、10.5V程度です。実使用時は、11Vを絶対に下回らないように
使わないとダメです。できれば11.5Vくらいで終わりにするくらいがちょうどよい。)

FT-817などを2.5W出力で使う場合、送信時は1A程度消費して、受信時も300mA~500mA程度消費する
ので、送信:受信が1:1としても 平均で700~800mA程度なので、この数値を使ってバッテリーの
「xx時間率」の電流値をチェックして、どれくらい使えるか考えるといいですね。

もちろん、SSBで運用するのか、CWか、FMか、でも違います。SSBならばもう少し平均電流は
下がりますね。ただし、平均電流を真面目に計算しても、状況で変わるので、参考程度にしか
ならないと思います。
なんだかんだで、送信時の最大電流で考えておいたほうが、バッテリーの消耗には適切な
ような気がします。(バッテリーは大きな負荷に弱いから)

総括すると、無線機の送信時の最大電流値(数値)を見て、それに該当するバッテリーの
「xx時間率」の電流値を比較して(できればグラフを見て)、その電流を流したらどのくらい
使えるかを考え、それよりもやや短い時間が運用時間だと考えればよいと思います。

例: WP7.2-12の場合、

  20時間率  0.36A(終止電圧 10.5V) で 7.2Ah
  10時間率  0.72A(終止電圧 10.5V) で 6.84Ah
   5時間率   1.22A(終止電圧 10.2V) で 6.12Ah

 ということで、1Aの負荷を与えるならば、グラフをよく見て、
 11V以下にならないように、1Aの電流値くらいで考えると

  約5時間 だな、とわかります。(5時間率がちょうど合ってくる感じ・・・)

(単純計算では、1A消費して、7.2Ahだから、7時間もつな、となってしまう・・・)

鉛蓄電池は、使い終わったらすぐに充電しましょう。消耗した状態で何時間も放置してしまうと
寿命が急激に短くなります。
帰りの車の中で充電しながら帰るくらいがいいかもしれませんね。