なかなか落ち着いてアマチュア無線を楽しむ元気がなく、すっかり移動運用もしていませんでしたが、
まずはリハビリのために移動運用をしてみようと思い、近場の里山(茶臼山 168m)に
430ハンディー機:VX-8Dと自作の2エレ八木アンテナ:プリンテナを持って向かいました。

日曜日の夕方に近づいている15時前で徐々に寒くなる時間でしたが、思い立った時に行かねば!
と思って出かけたのでした。

この茶臼山(168m)は、地図にも載らない小さな里山ですが、自宅から近いのでよく散策して
います。アマチュア無線の移動よりもライセンスフリー無線の移動で良く使っています。

山頂(?)に到着してすぐにセッティングOKです。
イメージ 1
 ↑ いつもの三脚に塩ビパイプをネジ留めし、そこに2エレプリンテナを目玉クリップで固定します。
   自作の簡単なアダプタを塩ビパイプの先に付ければ、モービルホイップも固定できます。

同軸ケーブルに、VX-8Dをつないで準備OKです。純正のLi-ION電池で5W出せるので、心強いですね。

約一時間ほどの運用で 9局の局長さんとQSOできました。良い感じのペースですね。
よいリハビリになりました。

今回のQSOで多くの局長さんから、茶臼山はどの辺ですか?と聞かれましたのでいろいろ
説明しましたが、地図に載らない山であり、かつ分かりにくいのでお招きもできず、残念に思いました。

帰り際に山頂でVX-8DからAPRSで位置情報を発信しておきましたので、
 http://aprs.fi/
で、「JN1NCB-7」を検索していただければ、ピンポイントで茶臼山の山頂がわかります。
(3日もすれば軌跡は消えると思いますが)

また、プリンテナも珍しいようなので、写真を載せておきますね。ちょっと見にくいですが。
イメージ 2
 ↑ こんな感じの簡単な設備です。リフレクターは取り外しできるように改造しています。

楽しい時間を過ごすことができました。QSOいただいた皆様、ありがとうございました。
気軽に無線を楽しめるので、またこの設備でこの場所に移動したいと思います。