ネットのニュースを見ていたら、先日、以下のような記事があった。(以下はコピーではなく、私の要約です。)
「在京のAMラジオ放送局は、FM放送への移行を検討し始めた。中波放送よりも設備が軽微で維持管理も
 しやすく、電波も飛びやすいFM放送に移行して聴取者の減少を食い止めようと考えている。
 移行する周波数は、アナログTVがいなくなった「VHF-Low」周波数帯である。早ければ数年後に移行を
 開始する。場合によっては2020年頃には老朽化したAM放送設備の更新時期が来るためFM放送用に切り
 替える可能性がある。」

というもの。
(ネタ元は、Yahoo!さんで閲覧した朝日新聞デジタルの記事によるもの。探してみてください。
 月刊短波の3月号にも記事が出ています。)

ということは、近い将来中波を使ったAM放送が聴けなくなるっていうことなのか??

とても残念な話である。

合理化や聴取者の減少を食い止めるためとは言え、考えられないことだと思う。

東京や大阪などを含め、地方局も検討しているらしいので、恐ろしいことだと感じる。

日本から中波でのAM放送が消えれば、中国や韓国の放送だらけになりそう・・・。

海外(北米やオセアニア)の中波放送をDXとして聴く方々は歓迎する話かもしれない。
でもそんな人たちも多分悲しむだろう。

NHKさんは同じことを考えていないと思うが、みんないなくなればNHKさんも右へ習えしそうだな・・・。

移行する先の「VHF-Low」周波数帯は、90MHz~200MHzのくらいの範囲(もっと上までかな?)だと思う
けど、今現存する一般的なラジオでは90~108MHzしか聞けない。
(海外のFMも聞けるようになっているため)

ということは、新しいラジオが必要になりますねぇ・・・。メーカーにとっては新商品が出せてよいと思うけど
消費者にとってはデメリットになると思う。

出力はどうなるのかな、とか、送信所はどこになるのかな、など興味深い部分もあるが、中波AM放送が
VHFのFM放送になることは信じられない。遠方の放送を夜な夜な聞くことはできなくなるわけです。

短波によるAM放送も欧州や米国を中心に激減している今、中波までもそうなるのか。
確かに欧州では中波放送もなくなりつつあるので、日本でももしかしたら…と思っていたが、まさか
本当にそうなるとは。

 とても寂しいニュース である。