最近は430メガのFMを運用するようにしており、のんびりQSOをしているのはすでにこのブログに書いた通り。

リグは、FT-817NDを使い、5W QRP運用。アンテナは、7mHの5/8λ2段モービルホイップ。
やや短めのモビホです。

パワーが小さいので飛んで行かないですけど、耳もそんなに良くないのでバランスが取れています。

新しいGPを購入したいけど、お金ももったいないかなと思い、手軽に自作できてゲインもあり、
指向性もあまりないもの(できれば無指向性のもの)を探しておりました。(144でも使えて・・・)

いくつかの候補を上げつつ、最終的に作ったものがAWXというアンテナ。Hヘンテナも有力な
候補でしたが。
(手持ちのバイコニカルは、ややSWRが高くて使いにくいのです。本当はこちらを使いたいのですが)

「ALL WAVE X」の略ですが、元々はHF用として開発されたとか。

基本周波数(波長)に合わせて作っても、その奇数倍の周波数にも同調するものです。
そういう意味で、144メガで作れば、430メガや1200メガでも使えます。

製作事例を見て、過去にも作ったことがありましたが、改めて調べて作り直しました。

調べてみると意外にも新型が開発されており、今ではオリジナルのAWXだけでなく、「変形AWX」や
変形AWH」などハイゲインなものが出てきていました。(ネットで検索するとたくさん出てきます。)

製作記事によれば作りっぱなしでもSWRが落ちて手軽なようでしたが、私の場合はうまくはいきませんでした。
144メガでは簡単にSWRは落ちましたが、430ではSWRが下がらず困りました。
437~438メガでSWRが1.0くらいでした。433メガ付近では2.0以上かな?

イメージ 1
 ↑ 私が作ったもの。変形AWXです。エレメントの先に延長のための銅線(15cm)が付いています。
   これを付けないと433メガあたりでSWRが落ちませんでした。

エレメントの角度はあまり関係ないようで、45度でも60度でもSWRに影響しないようです。
角度によってインピーダンスが変わるはずなんだけどね。

430でのゲインはダイポール比でも4~5dBありそうですが、モビホと同じくらいの高さに上げて試したところ、
現在使っているモビホに耳の良さで勝てませんでした・・・。なぜ??
(このモビホは、短縮型なのでゲインはあまりありません。ダイポール比でも2dB位です。)

モビホよりも結構大きくなるので、ゲインがアップしてくれると思っていましたが残念な結果でした。
そういう意味で風の影響なども考えると、モビホと取り換えることができませんでした。
(当地では北風、西風が強くて風対策が重要です。)

指向性は、144メガでは無指向性に近いようですが、430では十字型になるようです。

折角作ったので、室内でのワッチ用に遊んでみますか・・・。

やはり外部アンテナとして、市販の長めのGP(5/8λ2段)でも買うかな・・・。