昨年の冬~春にも甘酒ネタをこのブログに書きましたが、今年も相も変わらずに甘酒を飲んでいます。
おいしいです。酒粕を仕入れてきてはせっせと甘酒を造っております。

甘酒には酒粕が必要なことは当たり前。普通ならば近くのストア(コープさん)で酒粕を買いますが、
新米ができ、それを使った日本酒が作られる頃にはそれによる新米酒粕が市中に出回り始めます。

会社から程近い場所に酒屋さんがあり、そこに蔵元から出てくる酒粕が季節限定で販売されます。
それを狙ってちょくちょく買いに行くのです。

昨年の晩秋は、「水芭蕉」という群馬県尾瀬の地酒の酒粕から始まりました。この酒粕は
さわやかな飲み口でおいしいです。

その次は、「吉乃川」という新潟の地酒の酒粕で何度か作りました。これも味わいのある濃い目
の味がしておいしいです。

今飲んでいるのは、先日の実家からの帰り道に道の駅(道の駅「おかべ」)で並んでいるのを発見
した「東白菊」という埼玉県深谷市の蔵元から出てきた酒粕を使っています。
飲んだ感想は、華やかさはないですが癖がなく、飲みやすいです。また飲みたくなる素朴な味わいです。

こんな感じで楽しんでいます。できればいろいろな酒粕を試したいですが、そんなにはたくさん売って
いないので、決まったものになりそうです。
でもそのうちに吟醸酒の酒粕が出てくるのが楽しみです。普通の酒粕ではなく、かなり柔らかい
酒粕です(細かくてボロボロになってしまう感じ)。これで造る甘酒は旨い!です。さすが吟醸酒!

新米の酒粕がなくなれば、いつもの「ハクツル」(兵庫県のお酒ですね)の酒粕になります。
これでも十分ですが、大量生産かつ新鮮度が落ちるのでやや味が悪くなります。

もしおいしそうな酒粕があれば甘酒を作ることをお奨めします。ただし、売れ残っているような酒粕
で造ると目茶苦茶まずいです。なんじゃこりゃ!っていうこともあるのでご注意ください。
(古い酒粕は、変な匂いがしたり、苦かったりします。)
良いお酒の酒粕は、お米の粒粒が残っていて、まるでご飯のおかゆを食べているかのような
じんわり、ほっくりした気分になります。

甘酒は夏の飲みもの(俳句の夏の季語)だそうですが、やっぱり冬ですかねぇ。