本日は、JARL群馬支部による「ハムの集い」が伊勢崎市で行われました。
イメージ 1

私も各局とのアイボールを目的に行きました。とは言っても家族のこともあるので、かみさんと子供たち
を予め伊勢崎のSMARK(スマーク)というショッピングモールに置いてきてから会場に駆けつけ
ましたので、少し遅くなりました。

11時前には会場に到着し、アマチュア無線仲間とすぐにアイボール。
そこにいらしたRNR局TCV局と早速144メガのFMでQSOです。でもただのQSOではありま
せん。
自作の「あゆ2号」というQRPpp無線機とのQSOです。(私はICOMのメーカ製です、Hi。)
あゆ2号は出力が10mWも出ていない(はずの)無線機なので近くでQSOするほうがはっきりとできるのです。(そうは言っても、以前にこのあゆ2号と赤城山と高崎市との間で十分に強い信号でQSOできているので、
10mW未満でも侮れないのです。特小も10mWなので飛びの感覚は実感できますが。)
QSOが成立したので後ほどQSLカードを発行しますね。

その後、あちこち見回ったり、おしゃべりしたりして楽しみました。

マエバシHS75局」ともアイボールし、R20Dの話やe-QSOを利用した(ゲートウェイ経由)の
レピータによるQSOの原理などの説明を頂きました。でもまだよく分かっておりません・・・・。

その後、RNR局に磁界ループの話を伺い、動作原理やアマチュア無線への応用などレクチャーを受けま
した。同調させるバリコンは高耐圧のものでないとリークしてしまうそうで、1kV耐圧品でも5W程度しか
耐えられないそうです。
会場に出ていた部品屋さんで耐圧が高そうな(1kVくらいなか?)300pFのバリコンを一つ購入しました。
これを使って今後遊んでみるつもりです。(RNR局のブログを楽しみにしつつ・・・・。)

少しのんびりしつつ、TCV局に移動用50メガロッドアンテナダイポールを見せていただきました。
このアンテナとは何度かQSOしておりますが、この目で見るのは初めてでした。
TCV局がこれまた器用に手作りしており、感心してしまいましたよ~。
イメージ 2
 ↑ 給電部の拡大写真。簡単に組み立てでき、しかも小さく分解できて小型の優れものです。
   (写真にはロッドアンテナが写っていませんが、ステンレス製の良いものでした。)
   これを使った実際の運用の様子は「TCVのハムブログ」をご覧ください。

そんなこんなであっという間に12時を過ぎてしまい、かみさん達と落ち合うために会場を離れて
SMARKへと向かいました。

今回も多くの方とアイボールでき、楽しいひと時でした。無線仲間とお話しすると毎回刺激を受けます
ね。私の周りにはアクティブであり、かつ技術を持った方が多いので勉強になります。
こういう方々に支えられながら楽しみを持って前へ進んで行きたいです。
自分が落ち込んでいても趣味の面から支えられているので心強いですよ~~。

 【本日の特小ログ】 グンマMO919/1伊勢崎市
 12:00 グンマTC599/1 伊勢崎市 M5/M5 L3ch (TCV局です)