23日は、クリスマスイブイブではなく、天皇誕生日ですね。結構わかっていない方も多いようで・・・。

さて、そういう私は、今一、精神的にも体調的にも万全ではないながらも、現在住んでいる拙宅を建ててくださった
工務店さんのクリスマスパーティーにお招きいただき、お食事やイベントに参加し、楽しんできました。
家族みんなで楽しめたのでこれでよし、ですね。
クリスマスケーキも知り合いのお店に予約してあったのでお昼くらいに取りに行き、夕飯時に食べました。
お腹一杯だったのでほんの少しでしたが・・・。子供たちはおいしそうにたくさん食べていました。
まだ半分残っているので、明日の楽しみです。
子供たちには、こうして家族揃ってクリスマス(実際は今日じゃないけど)ケーキを食べられるのは幸せなこと
なんだぞ、と何度も伝え、家族が健康で怪我もなく、幸いにも少ないながらもケーキを買うお金があるからこそ
できることなんだ、と話をしました。子供たちは心の底からは理解できないでしょうが、こういうことは何度も
重ねて話をしていこうと強く思っております。家族の誰かが怪我をしていたり、病気で入院していたり、万が一でも
私の仕事がうまくいかなくなってお金がなくなったり、など、世の中的には十分に有り得ることが起これば、こんな
ささやかな幸せさえ、実現できないのですから。
それこそ、神様に感謝して、日々の幸せをありがたく思わなければなりません。

明日のクリスマスイブ、明後日のクリスマスには、聖書でも読んで聞かせましょうかね。新約聖書も旧約聖書も
持っているので、いくつかの心にしみるお言葉でも聞かせたいです。
私も昔、教会に通ったこともあり、FEBCの放送を聞き、スタジオにも通っていたこともあります。(クリスチャンで
はないですが・・・。) 山田耕嗣先生は、FEBCの放送には否定的でしたが、全ての内容が間違っていたとは
思っていません。私も多くの番組に救われた一人ですから。(私が通っていた幼稚園がキリスト教系の幼稚園
だったことが起点になっていますね。)

クリスマスを単なるお祭り、ケーキを食べる日、プレゼントをもらえる日・・・、などと考えるのではなく、単純でも
いいから、今の幸せや喜びを漠然と神様に感謝する、両親に感謝する、周りの人に感謝する、できれば聖書
でも読んでみる、などしてみると、心が清らかになり、豊かになれると思います。

あと少しで、お正月休みに入ります。まだまだ厳しい仕事が待っていますが、休みになったら少し気持ちを落ち
つけて、自作などしなければ。ラジオ(TBSラジオなどは聴いているけど)ももう少し聴いたり、無線もやったり、
遊びたいなぁ。今は何となくやる気が起きず、マッタリしています。来年はいい年になるかなぁ。

PS)先日、電気式の湯たんぽを買いました。電源を入れて20分ほどで、中のオイル(?)が温まり、湯たんぽ
  のようになります。これがとてもいい感じで、温めては猫の代わりに抱いたり、足の下に敷いたり、腰に
  当てたりして暖を取っています。今度は、電子レンジでチン!する湯たんぽでも買おうかな。