仕事から帰宅し、私を待っていたものは筍の煮付けでした。疲れた体を癒してくれたそれの味は
格別で、春を感じさせてくれるものでした。取れたての筍をかみさんの母上が持ってきて下さった
もので、大変やわらかく、かつしこしこしていて香りよく、おいしゅうございました。まだ少し
「あく」が残っているところも春の味を引き立てておりました。
春の味というものは、この「あく」の部分を少なからず持っていて、それでいて香りが良くて
一味もふた味も特別です。大変幸せを感じたところでありました。
今年は春から、「ふきのとう」、「たらの芽」、「つみ菜」を味わい、春に浸っております。
(つみ菜は毎年春になると大量にいただき、ほぼ毎日茹でたものを食べております。)
しばらくはこの春を感じつつ、次は夏野菜を楽しみ、たくさん食したいと思っております。